隠れ便秘症と呼ばれる状態をご存知ですか。

お腹が少し痛いと感じながらそう言えばしばらくの間宿便がでてきてないという経験があると思います。皮膚が荒れたり、太りやすくなってきたと思ったら便秘が始まってしまったと言う事です。その状態が長くつづけば体の不調にもつながってくるでしょう。ぜひなおしたい状態です。まず最初に大腸の動きを感じてみると良いでしょう。秘結に効き目のある指圧方法は驚くほど簡単で腸の形を意識しておなかを人差し指と親指でつまんで引っ張って、リズミカルにとんとんと大腸の上を軽くたたいていくことによって動かないでいる腸に対して力をプラスして活発化させてゆくのです。口に入れるものに意識を向けることでも便秘症改善に効果的なのです。正しい食生活で気付くと体の健康状態が整ってきます。そうなると徐々に体内環境も快活になっていって自然と快便へつながっていきます。定期的な少しの頑張りが不快な便秘解消への手段となるでしょう。

「隠れ便秘」といわれる状態があることをご存知ですか。

隠れ便秘症というのはいつも排便しているので不安はないということではなくて状態のいい便をちゃんと出すという事ができているのかが最重要点となっているのです。便が大腸に残ってしまっているということは365日排泄していたとしても便秘症と言う事に違いはありませんので観察が必要ということです。かくれ秘結かどうか怪しいなと思っている方はこの後の宿便の精察をすることから行ってみるとよいかもしれません。分かれることなく繋がっていくらかぷかぷか浮くような便がベストで、調子の良い排泄物は匂いもあんまりしないのです。お水を取るということを忘れないでおくだけでもおおかた改善することが期待できますので毎朝コップいっぱいのミネラルウォーターから意識してはじめて下さい。

ホームに戻る